お風呂のフィルターの汚れ

牛久市、築5年目の戸建て住宅にお住まいのK様宅へ洗浄へ行ってきました。

「お風呂のフィルターは掃除しているのですが、

その奥(風呂釜)はしたことがなくて、、、」

っとのことで、ご依頼頂きました。

 

お話しを伺うと、家を建てて1年目ぐらいで、”追い焚き機能”が故障してしまい、

給湯器取り付け業者にみてもらったそうです。

原因は、「フィルターの汚れが詰まっていた」からだったそうです。

 

給湯器の中は、繊細なセンサーがついており、水流の速度だったり、

配管を通るお湯の量、温度等を感知し、モニターの表示通りに稼働する仕組みになっているのです。

ですので、

フィルターに汚れが詰まっていたり、配管内が汚れが溜まっていたりすると、

設定温度・水位まで行かずに、

沸き上げが完了しまったり、追い焚きが途中で止まってしまったりするのです。

 

では、洗浄です。

まずは、循環口についているフィルターを外し、金具のお掃除です。

 

 

フィルターはご家庭でお手入れ出来ても、

このような金具は、取り外すことはできないのが現状です。

(プラスチックで出来ているので、外し方を間違えると、破損してしまいます)

 

築5年目にしては、フィルター・金具等、結構汚れ(”Д”)

手作業でキレイにお掃除して、

見える部分のフィルター・金具・穴をスッキリとさせます!!

 

 

次に配管内部の汚れを掻き出してしていきます!

やはり、汚れていました( ;´Д`)

べっとりとした皮脂汚れや入浴剤のカスなど。。

週3回ぐらいは入浴剤も使用されているとのことで、

その分、追い焚き配管内も汚れていたのですね。

 

依頼主様に確認して頂くと、

べっとりとした汚れに、とても驚かれたご様子でした。

と、同時に、「今夜からスッキリと入浴できます!丁寧な仕事で感動しました」

っとまで、有り難いお言葉を頂戴いたしました!!

 

追い焚き配管内の汚れは、「築年数が長い=汚れが多い」

とは限りません。

築1年目でも沢山の汚れがあったり、築20年目でもそれほど汚れていなかったり

ご家庭の状況によって、ほんとに様々です。

 

ただ、私の経験上、一つ言えることは、

「お風呂のフィルターに汚れが詰まっている」お宅は、

配管内部も汚れていることが多いです。

 

フィルターのお手入れは、各ご家庭で取り外して出来ますので、

週1回ぐらいは取り外して、気にかけてお手入れしてみてくださいね。

 

今回も、ご利用頂きありがとうございましたm(__)m